青汁と野菜ジュース

 

青汁と野菜ジュースはどっちがいいの?どう違うの?

 

野菜不足を簡単に解消することが出来る飲み物として、野菜ジュースや青汁を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。まず大きな違いとしては、使用されている原料があります。青汁はケールや明日葉、大麦若葉などの緑黄色野菜で作られています。一方の野菜ジュースは野菜だけではなく果物や糖質が配合されています。野菜独特の青臭さを感じさせないように飲みやすい淡色野菜が多く使われていることが多いようです。

 

また、販売方法にも違いがあります。一般的な青汁は粉末として販売されていますし、加熱されていないタイプは冷凍の状態で売られています。一方の野菜ジュースはペットボトルなどに入れられ販売されている事が多いようです。また、保存性を高めるために保存料が配合されているということも大きな違いと言えるでしょう。

 

では、青汁と野菜ジュース、どちらを飲めば良いのでしょうか。これは、好みもありますが、栄養素だけを比較した場合には、青汁のほうがおすすめと言えます。これは食物繊維やビタミン類が豊富に含まれているということに加えて、保存料などの添加物が配合されているということも少ないことから、安心して飲み続ける事が出来るためです。

 

しかし、野菜ジュースが体に悪いというわけではありません。普段の食事からでは摂取しにくい栄養が豊富に含まれているということや飲みやすいというメリットがあります。また、野菜ジュースには様々なタイプがありますので、味に変化を付けたいという人や青汁独特のニオイや味が苦手という人にもおすすめです。

 

青汁と野菜ジュースはどちらも体に良いものですので、飲み分けるようにすると良いでしょう。最近では、加熱処理をしない、保存料が含まれていない野菜ジュースも販売されていますので、そのような製品を選ぶようにすると、良いでしょう。いずれも、一時的ではなく継続するということが大切です。