青汁の摂取量

 

青汁の摂取量はどのくらいがいいの?飲み過ぎは良くない?

 

青汁は、緑黄色野菜が持つ豊富な栄養素を効率的に補給できるということで健康飲料として非常に優れた内容です。また、以前は不味いというイメージを強く持たれていたのですが、現在ではジュース感覚で気軽に飲めるような商品も提供されています。

 

なお、過ぎたるは及ばざるが如しという言葉があるように、身体に良いといっても青汁も飲み過ぎるとマイナスに作用します。特に、起こりがちなのが下痢で、これは青汁に含まれている食物繊維の作用によるものです。この成分は大腸のらせん運動を促進する作用があるので便秘の改善に効果を発揮するのですが、過剰摂取した場合は逆効果となります。

 

ちなみに、青汁の1日の適切な摂取量は商品により異なっているので一概には言えませんが、食事代わりに飲んだとしても1日に3杯程度が上限となります。また、適量を飲むということは健康に対して効果的ということと共に、コストの負担を軽くするという意味でも有効です。

 

青汁は、多くの人が利用している健康飲料で、様々な種類の商品が提供されています。その中には、かなりの値段が設定されているものもあり、無制限に飲んでしまうと経済的な負担は大きくなります。あくまでも栄養補給が目的である以上、長期的に利用するのが最適な方法です。このために、コスト管理という点も非常に重要で、適量以上は飲まないようにするという工夫が求められます。

 

なお、青汁を過剰摂取した場合の健康面でのデメリットは、配合されている成分により違っています。注意が必要となるのは、ビタミンAやビタミンE、ビタミンKなどの脂溶性ビタミンを含有している青汁で、これらは余分に摂取した分については体内に蓄積されることになります。

 

すると吐き気や頭痛といったアレルギーに近い症状に見舞われる場合があり、健康にとって明らかにマイナスとなります。このために、青汁を利用する時は商品の内容をよく把握したうえで適量を補給するということを心がけなくてはなりません。