粉末タイプの青汁は水に溶かして飲む人が多いですが、青汁は温めて飲むこともできます。

 

青汁を飲む時の温度は?温めてもイイ?冷凍してもイイ?

 

冬などの寒い季節には温めて飲むと体がポカポカに温まりますので、冷え性の改善にも繋がります。しかし、青汁にはビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富に含まれていますので、熱によって栄養素が破壊されてしまうのではないかと心配する人もおられます。

 

青汁に含有されているビタミンや酵素は、熱に弱い栄養素です。青汁には加熱処理をしているものと非加熱処理のものがあり、非加熱製法のものは温めると栄養素が破壊されてしまいます。そのため、非加熱製法の青汁はホットには向いていないので注意が必要です。非加熱処理のものは、常温の水に溶かして飲むようにします。
加熱処理をしている青汁は温めて飲むことができ、加熱しても栄養素が破壊されることはありません。ただし、料理で使用する際には、調理方法によっては栄養素が破壊されることがありますので注意します。調理時間が短時間であれば栄養素は破壊されないので、手早く調理すれば問題ありません。お湯で溶かして飲む際には栄養素は破壊されないので、冬場でも安心してホットで飲むことができます。

 

青汁には粉末タイプのもの以外にも冷凍タイプのものがあり、冷凍タイプのものは加熱処理を行っていないので、粉末タイプのものよりも栄養価は高いです。特に水溶性の食物繊維は破壊されずに豊富に含まれていますので、便秘で悩んでいて便通を良くしたい人は冷凍タイプのものがおすすめです。

 

冷凍タイプのものは栄養価の面では優れていますが、人によっては生臭く感じる場合があります。最近の粉末タイプの商品は味を改善しており、野菜の生臭さが苦手な人でも美味しく飲めるようになっています。美味しく飲みたい人は、冷凍タイプよりも粉末タイプの方が向いています。粉末タイプのものを冷凍することは可能で、冷凍することによって、栄養素を破壊せずに長期保存することができます。