乳酸菌と青汁は、両方とも美容と健康に役立つ商品です。

 

乳酸菌が入っている青汁がある?どんな効果があるの?

 

最近は、乳酸菌入りの青汁も人気を博しています。乳酸菌には、様々な働きがありますが、有名なのが整腸作用です。乳酸菌を摂取すると、糖分などをエサにして大腸で乳酸が作り出されます。この乳酸が腸壁を刺激することで、腸の蠕動運動が活発になり、排便を促すのです。人間の腸内には、様々な菌が存在しています。その数は、100兆個と言われています。

 

腸内の菌のひとつが、善玉菌と呼ばれる菌です。善玉菌では、ビフィズス菌がよく知られています。善玉菌は、腸内を酸性にします。

 

そして、悪玉菌が増えるのを防ぎ、外から体の中に入ってくるウイルスと戦います。悪玉菌は、体に害を及ぼす菌で、有害な物質を作って腸の中をアルカリ性にします。腸の中がアルカリ性になると、免疫力が低くなります。脂肪分や肉類を大量に摂取すると、悪玉菌が増えます。そして、免疫力が低下したり、便秘になったりします。

 

善玉菌が多い時は何の問題もないものの、悪玉菌が増えると有害な働きをする菌が、日和見菌と呼ばれる菌です。悪玉菌が増えてしまうと、健康や美容に悪影響を及ぼすので、外から乳酸菌を補うことが大切です。必要な分を補うと、善玉菌の働きをサポートしてくれるため、悪玉菌の繁殖を抑制することができるのです。乳酸菌を摂取する時に、食物繊維やオリゴ糖も一緒に摂取するようにすると、様々な働きをサポートしてくれます。

 

青汁は、生の新鮮な野菜を使った飲み物です。青汁は、栄養素や食物繊維が豊富なので、効率的に必要な栄養を摂取することができます。野菜に含まれている栄養素の多くは、加熱によって効果がなくなったり減ったりします。

 

ですから、野菜の栄養を生のままで摂取できる青汁は、とても健康に良い飲み物なのです。青汁には、デトックス作用や整腸作用がありますが、乳酸菌と合わせることで、さらに整腸効果が高まります。栄養が取れていれば、ダイエットも無理なく実践することが可能です。