野菜が嫌いな子供は多いですよね・・・

 

野菜が嫌いな子供でも美味しく飲める青汁がある?

 

野菜はビタミン・ミネラルが豊富に含まれてるので、子どもの健全な成長や健康維持のためにぜひとも食べさせたい食べ物ですが、野菜嫌いの子供が多いのも事実です。

 

こうしたときには野菜不足を手軽の補える青汁を飲ませたいところですが、青汁は基本的に野菜のエキスを凝縮したいような飲み物なので、野菜嫌いの人は飲めないことが多いようです。

 

とはいえ、現在では野菜嫌いの子供でも飲めるように工夫した青汁もあります。それでは野菜嫌いの子どもでも飲める青汁とはどんなものなのでしょうか。

 

子どもにかかわらず野菜嫌いの人は、野菜の青臭さや苦味が苦手というケースがほとんどなので、できるだけ野菜の青臭さや苦味を感じにくい青汁を選ぶことが大切です。

 

青汁の主原料は、ケール、大麦若葉、明日葉などさまざまですが、この中で野菜嫌いの人でも飲みやすいのは大麦若葉です。

 

大麦若葉は、成長すると大麦に成長する植物で、20〜30センチ程度に成長してまだまだ青々とした状態のものを収穫し、加工するのが一般的です。セリ科の明日葉やアブラナ科のケールに比べてイネ科の植物である大麦若葉は、葉物野菜独特の青臭さや苦味が少なくて野菜が苦手な方でも比較的摂取しやすいのが特徴なので、子どもに飲ませたいときには大麦若葉を主原料にした製品を選ぶのがポイントです。

 

とはいえ、大麦若葉であっても多少は野菜の臭いや苦味があるので、そのままでは野菜嫌いな子どもは飲んではくれないでしょう。こうした問題をクリアするために、現在では大麦若葉にバナナやリンゴ、みかん、マンゴーといった果物を加えたフルーツ入りの青汁も販売されています。こうした製品ならば、果物のフルーティな風味が野菜の臭みを打ち消すとともに、果物の自然な甘さによって野菜の苦味が大幅に緩和されているので、野菜嫌い人でもジュース感覚で美味しく飲むことができるのです。

 

このように、野菜嫌いの子どもには大麦若葉を主成分とし、果物がたくさん入った青汁がお勧めですが、最近は人工甘味料や添加物を極力使用せずに加工した製品も増えているので、子どもに飲ませるときにはこうした製品を選ぶと安心です。

 

 

野菜が嫌いな子供でも美味しく飲める青汁がある?