血糖値

 

 

血糖値とは血液中のグルコース(ブドウ糖)の量を示す値です。血糖は脳の働きを保ち運動の際に必要とされます。正常値を保たなければ脳の働きが弱くなるなど健康に支障をきたしてしまいます。しかしこの血糖が血液中で異常に高くなってしまうことは体の機能にとって悪いものであり高血糖状態をずっと続けていると将来には糖尿病へと進んでいくことがよくあるのです。糖尿病になってしまうと高血糖が続くことも一つですが、尿中に糖分が出てしまうため必要な時に血糖が足りなくなり、筋肉や脂肪を消費して血糖を維持する糖新生も起こるのです。

 

糖尿病は悪化すると足が壊死してしまうなど様々な病気の原因となることが知られています。それではどのように気を付ければいいのでしょうか?もちろん炭水化物を取りすぎないということは大事です。そのほかに大切なことは食事の際に急激に血糖を上げないことです。食事の際にまずご飯やパンを食べると糖分が急速に吸収され血糖が上がります。それを防ぐためにはまず野菜を摂取することが第一になります。野菜には食物繊維がたくさん含まれています。食物繊維は難消化性の食べ物でありこれをまず摂取することにより糖分の吸収が穏やかとなり血糖の上がり方が非常にゆっくりとしたものになります。

 

このことは糖尿病を防ぐためには非常に大切なことになります。しかし毎日、毎食サラダなどで野菜を取ることは大変という人も多いでしょう。その時には青汁が非常に有効です。青汁はケール等の野菜から栄養素を極力こわさないようにつくられている飲み物です。青汁には体に必要なビタミンや酵素だけでなく食物繊維がたくさん含まれている万能な飲み物なのです。青汁を飲むタイミングは必ず食事をとる前にしなければ血糖上昇を抑えることはできません。サラダを取ってしまうとおなかがいっぱいになってしまうという人にも一杯飲むだけでいいのですから気軽に始められる健康としては非常に有効な方法です。

コレステロール

 

青汁と血糖値・コレステロールの関係について

 

健康診断などの結果でコレステロール値が通常よりも高いという指摘を受けたことがあるという人におすすめの飲み物があります。それは「青汁」です。青汁というと、野菜不足解消や美容、ダイエットのために飲むものというイメージがあるかもしれませんが、豊富に含まれている食物繊維やビタミン類にはコレステロール値を下げる働きを期待することが出来るとされています。

 

一般的な青汁はケールや明日葉、大麦若葉などが原料として使用されていますが、いずれも食物繊維やビタミン類が豊富に含まれていますので、好みに応じて原料を選ぶと良いでyそう。毎日の習慣として1日1杯を目安に飲むと良いでしょう。

 

青汁に含まれている成分を普段の食事から摂取するとなると意外と大変なものです。特にコレステロール値が高いという検査結果が出たという場合には、これまでの食生活を大幅に変えることになる場合もあります。好きな物を食べずに我慢をするということはストレスにもなりますし、簡単に変えることが出来るものでもありません。そこで、青汁なのです。コップ一杯飲むだけですので、時間がないという人でも手軽に摂取することが出来ます。また、急激に食生活を変えるという必要もありません。

 

青汁には様々な種類があり、価格も様々です。基本的にはどの製品を選んでも効果についてはそれほど大きな違いは無いと考えられますが、コレステロール値を下げるということを目的としている青汁であれば、より高い効果を期待することが出来るでしょう。

 

キトサンが配合されている青汁を選ぶことで、効率よくコレステロール値を下げる事が出来ると考えられます。なお、どのような製品でも飲んですぐに効果を実感することが出来るほどの変化が生じるということはありません。最低でも1ヶ月程度は継続して摂取するようにしましょう。飲み方に変化をつけることにより、飽きることなく続けることが出来るでしょう。水に混ぜるほか、レモン汁を入れたり、牛乳などに混ぜるという方法があります。