青汁には食物繊維やビタミン類などの栄養素が豊富に含まれています。

 

青汁にも入っているカリウムの効果効能は?

 

豊富に含まれている栄養素の一つが「カリウム」です。カリウムには過剰に摂取したナトリウムを体外へ排出させるという働きがあります。普段の食事では知らず知らずのうちに塩分を多く摂取しているものです。塩分を多く摂取するとむくみや高血圧症などの生活習慣病の原因となります。過剰に摂取した塩分を排出させることが出来れば、このような症状を予防することが出来ます。

 

特に、慢性的なむくみに悩まされているという場合には、カリウムを摂取することで解消することが出来る可能性が高いと期待されます。慢性的なむくみは塩分の摂り過ぎにより、体の細胞に水分を取り込むことで起こります。カリウムの水分量の調整・利尿作用により、細胞内に蓄えられた水分が排出されるためむくみを解消することが出来ます。

 

ただし、注意をしなければならない人もいます。それが、既に腎臓の機能が低下しているという場合や腎臓に何らかの疾患を抱えているという場合です。腎臓の機能が正常であれば、摂取したカリウムは尿と一緒に排出されますが、腎臓の機能が低下しているという場合にはカリウムを過剰に摂取した場合に体外に排出されないため、吐き気や筋肉のしびれ、不整脈などの症状が出る可能性があります。

 

カリウムには1日の摂取上限量が決められていません。これは、余計に摂取した分は体外に排出されるためです。腎臓の機能が低下しているという場合には、危険ですので、医師に相談してから青汁を摂取するようにしましょう。

 

青汁の原料はケールや明日葉、大麦若葉などがありますが、カリウムを摂取することを目的としているのであれば、大麦若葉を原料とした製品がおすすめです。野菜の中でも豊富にカリウムを含んでいるため、むくみ解消に高い効果を期待することが出来ます。毎日継続して飲むということが、効果を得るためには大切な事ということが出来ます。