忙しい現代人は、ついつい朝食は簡単に済ましてしまいがちです。

 

 

トーストとコーヒーだけの人も多いのではないでしょうか。また、昼食は、ファストフードのお店や、カップ麺だけで済まし、夕食は肉類が中心の食生活を続けているという人もいるでしょう。

 

このような偏った食生活では、圧倒的に野菜の摂取量が少なくなります。偏った食生活は、動脈硬化、高血圧、糖尿病、高脂血症などのいわゆる生活習慣病を引き起こしてしまう可能性があります。野菜には、β-カロテン、ビタミン、カルシウム、食物繊維、カリウムなど実に様々な栄養素が含まれており、これらの生活習慣病を予防することができるのです。

 

近年では、活性酸素が老化や病気に深く関わっていることが分かってきましたが、野菜に含まれているビタミンA,C、β-カロテンなどには、抗酸化力があるので、活性酸素を除去することができます。

 

これらのことから、私たちが若々しく健康的な生活を送るためには、毎日野菜をしっかり取ることがとても大切なことだということが分かります。そのため、厚生労働省では、1日に350gの野菜を摂取することを奨励しています。しかし、350gを毎日取り続けるというのは、手間もかかるし、そもそも食の細い人には食べきれる量ではありません。

 

そこで利用したいのが青汁です。青汁は、ケールや大麦若葉、明日葉などを原料に作られている健康食品です。

 

野菜の栄養を丸ごとギュッと詰め込んである青汁は、まさに忙しい現代人にぴったりです。商品によって違いますが、大体1日1〜2袋を飲めば、不足している野菜をしっかり取ることができるようです。青汁の栄養成分は、使用原料によってばらつきがあるので、自分の普段の食生活で不足しがちな成分を含んでいる青汁を選ぶといいでしょう。

 

一般的に青汁は、水や牛乳で溶かして飲みますが、苦手な人には粒状の商品もあるので、利用してみてはいかがでしょうか。健康な体は一日で作ることができません。日頃から、野菜をしっかりと食べて元気な体作りを心掛けたいものです。

 

一人暮らしの人は野菜不足になりがちです。

 

野菜が不足しがちな現代人にこそ青汁はオススメ?

 

外食が多くなってしまったりレトルト食品やインスタント食品を多用してしまったりなどの食生活が続いてしまうとどうしても野菜不足になってしまいます。野菜の1日の摂取目標は350gとされていますが、この数値をクリアするためには膨大な量の野菜を食べなければならず物理的にも経済的にもとても難しいものです。一人暮らしの人にとってはそのハードルがさらに高いものとなります。

 

そこでおすすめなのが青汁の摂取です。青汁は、大麦若葉やケールなどが主原料となっている健康食品でビタミンやミネラルや食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているので手軽に野菜不足を補うことができます。ビタミンやミネラルはストレスや疲労がたまったりタバコを吸ったりすることで体から大量に失われてしまいます。ですので、こまめに摂取してしっかりと栄養補給する必要がある栄養素です。ビタミンB群には代謝を促進させる効果や疲労回復効果などがありますし、ビタミンCには抗酸化作用による美肌効果などがあります。鉄は貧血予防効果がありますし、カルシウムは骨粗しょう症予防効果があります。ビタミンやミネラルは健康で美しい体づくりには必要不可欠な栄養素です。

 

食物繊維は腸内環境を改善させて便秘を解消させたり脂質や糖質の吸収を抑えることができるので、デトックスやダイエットや生活習慣病の予防などに大きく役立てることができます。このような栄養素をまとめて手軽に摂取することができるのが青汁です。青汁には液体タイプのものや粉末タイプのものや粒タイプのものなど様々な種類のものがあるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。美味しさや飲みやすさを重視しているものもたくさん市販されているので無理なく続けることができます。粉末タイプのものは、水やお湯だけではなく牛乳や豆乳やスムージーなどに混ぜて飲んだりヨーグルトに混ぜて食べたりなどの方法もおすすめです。青汁を積極的に摂取して野菜不足を補い健康で美しい体をつくっていきましょう。