便秘解消効果

 

青汁の便秘解消効果・美肌効果について

 

便秘に青汁が効果的なのは、腸内環境を整える栄養が豊富なだけでなく、物理的な動きで解消させる力もあるためです。原料になっている野菜には、水溶性食物繊維が多いのは当然ですが、独特な歯ごたえがある影響もあって、不溶性食物繊維も同時に含まれています。不溶性食物繊維は大腸の中で吸収される段階で、水分と一緒に膨張することで、腸内の蠕動運動を刺激します。この効果によって、腸内で滞っている便を排出して、不快な膨満感を解消させることができるのです。

 

不溶性食物繊維は物理的に作用しますが、水溶性食物繊維には優しい働きがあり、腸内では善玉菌の餌として活躍します。善玉菌が弱い状態になれば、腸内では悪玉菌が活発に動き回るようになり、腸内フローラは不健全な状態で推移します。日和見菌の活動にも悪影響を与えることがありますが、水溶性食物線を青汁から吸収していれば、便秘解消の効果は相乗的に働くようになります。

 

青汁に含まれる成分は、あらゆる種類によって構成されていますが、基本的には補給と排出のバランスによって支えられています。不溶性食物繊維だけが含まれているようでは、便を排出させるだけで終わってしまいますが、補うための栄養もあるために、健康的な形で便秘を解消できることになります。このバランスを少しでも崩してしまうようでは、瀉下の作用が極端に強くなり、胃腸に負担をかけることも考えられます。

 

青汁の便秘解消効果は、同時に乳酸菌を配合することで、さらに高めることもできます。普段の食事の中では、不足しやすい食物繊維の重要な補給源として、非常に役立ちます。基本的には水分と食物繊維の吸収と排出のバランスも良く、腸内環境の充実感を達成できるだけの栄養があることは、胃腸が弱い人にとっても嬉しいことです。

 

青汁に含まれる酵素の働きは、食物繊維と一緒に胃腸を元気にさせて、便秘解消に導くことも重要です。酵素の働きも複合すれば、人体が生まれつきにして持っている新陳代謝が高まり、便秘とは無縁の健康体が作られることになります。

美肌効果

 

 

ニキビは病気ではないものの、できるだけで憂鬱になってしまうものです。ニキビだけでなく肌荒れは大人にとっては体の不調を表すサインなのです。若いころの思春期ニキビは過剰な皮脂の分泌が原因と言われており、スキンケアで毛穴のつまりを取り除き肌を清潔に保てばだんだんと落ち着きます。しかし、大人ニキビは肌のターンオーバーが乱れることで古い角質が溜まり毛穴をふさいでしまうことによって起こるので、肌を清潔に保つだけではよくなりません。

 

肌のターンオーバーの乱れの原因のひとつに食生活の乱れがあり、野菜不足が大きな要因であるとされています。外食が多かったり、不規則な食生活になったりと現代人は野菜不足になりやすい環境にいるのです。

 

野菜にはビタミンやミネラルなどのニキビケアや予防に役立つ栄養素が豊富に含まれています。ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEなどは肌のコンディションを整えるために必要な栄養素です。またビタミンB群はニキビに大きく影響をする栄養素で、ビタミンB2が不足すると脂質の分解や皮脂の分泌のコントロールができずに肌が脂っぽくなりニキビができやすくなります。ビタミンB2はビタミンB6と一緒で効率よく働くので、野菜や果物などのいろいろなビタミンが豊富に含まれている食べ物からの摂取が確実なのです。そしてその野菜や果物を手軽に摂取できるのが青汁です。

 

またニキビの原因が便秘によるものの場合があります。便秘を解消し、腸内環境を整えるためには野菜に含まれる食物繊維が大切です。便秘になると腸内の悪玉菌が増えるので体内に溜まった老廃物をうまく排出できなくなり、それは腸内だけでなく体全体の機能を低下させるためニキビなどのトラブルが起こります。便秘を解消するために野菜から食物繊維を摂取するにはかなりの量を食べなくてはいけず、難しいという人が多いでしょう。青汁でならば毎日手軽にビタミンや食物繊維を摂取することができるので肌トラブルの改善、予防にもおすすめです。