大麦若葉

 

 

青汁として使われている野菜や植物は数多くありますが、その中でも特に栄養価バランスが整っていて、多くの青汁に含まれているのが大麦若葉です。大麦若葉とは、穀物としてよく知られている大麦の若い葉の部分を指します。その成分は、ビタミンC、食物繊維、カリウム、マグネシウム、鉄など幅広く様々な成分がたっぷりバランス良く含まれています。大麦若葉を摂取することで、生活習慣病の予防や貧血予防、新陳代謝の活性化に疲労回復、免疫力の向上、美肌効果、ダイエット効果、便秘解消など健康だけでなく美容にも良いことから、美しさを保ちたい女性にとっても非常に良い効果をもたらす植物だということが分かるでしょう。

 

そんな、万能の大麦若葉ですが、新鮮な大麦若葉を手に入れて料理に取り入れることは難しいので、手軽に取り入れる方法として青汁での摂取が注目を浴びています。青汁というと、苦くてまずいという印象を持っている方が多くいますが、大麦若葉の青汁は、癖や臭みが強くない為、ケールのような独特な臭みがある野菜と比べて摂取しやすくなっています。青汁初心者でも気軽に始めることが出来るでしょう。しかし、それでもやはり飲みにくいという方は近頃では、更に飲みやすい野菜や、フルーツを配合している青汁もあります。もし、大麦若葉のみの青汁には抵抗があるという方がいらっしゃいましたら、まずは様々な野菜やフルーツを配合したものから始めると、より抵抗なく無理なく青汁を始めることが出来るでしょう。また、大麦若葉のみの青汁でも、豆乳や牛乳に混ぜて飲む方法もあります。水に比べて味がマイルドになるので、更に飲みやすくなります。

 

貧血や便秘に悩んでいる、野菜不足を解消したい、体の内側から綺麗になりたい、そんな思いを抱いている方は、手軽に始められる青汁に挑戦してみてはいかがでしょうか。栄養をバランス良く摂取することが出来、体が健康になることは間違いないでしょう。

明日葉

 

 

美容と健康のために積極的に摂取したい青汁と言えば、明日葉が非常に多くの方々の注目を集めていると言われています。では、明日葉の青汁はなぜそれほどの人気があるのでしょうか。その栄養について考えてみましょう。

 

これほど人気を集めている一つの大きな理由は、この植物に含まれている豊富な栄養素にあります。明日葉には、ビタミンやミネラル、ビタミン、ベータカロチン、鉄分、食物繊維など、非常に多くの栄養成分が含まれているのです。その栄養価の高さは抜群で、ケールなどと比較しても群を抜いていると言われています。

 

さらに明日葉は、」たいへん多くの女性からの人気を集めています。その主な理由は、含まれている豊富な栄養成分の中でも、特に女性をサポートする三大成分にあると言われています。その三大成分とは、クマリン、カルコン、そしてカリウムと呼ばれる栄養素です。

 

例えば、明日葉に豊富に含まれているクマリンには、多くの女性の敵とも言えるあの醜いセルライトを解消する働きがあります。クマリンによって、余分の脂肪を効率よく分解することができるからです。また別の栄養素であるカルコンは、明日葉にだけ含まれている貴重な栄養成分です。これは体の酸化を防ぐという点で、大きな働きをすることで知られています。体の酸化を防ぎ、体内に溜まってしまった余分な水分や老廃物を、体の外に排出するという点で大きな役割を担っています。

 

またカルコンには、血行を促進すると同時に、血管を広げることによって血流が滞ることがないようにする働きもあると言われています。さらに、明日葉に含まれているもう一つの栄養成分はカリウムですが、このカリウムには、体の水分量を調整する働きがあります。そのため、余分の水分を体から排出する上で大きな役割を持っていると言えるでしょう。

 

このような三大成分の働きによって、代謝を助けることができる明日葉には、ダイエット効果や冷え性の改善、さらには生理不順の解消にも効果があると言われています。

ケール

 

大麦若葉・明日葉・ケールの青汁の特徴

 

青汁の原材料として、最も多く使用されているケールは、野菜の王様とか、スーパー野菜などと称されることが多いことから、近年では、栄養価が非常に高い健康野菜として、もっとも注目されている野菜のひとつとなっています。

 

そんなケールは、日本では、青汁で使用される代表的な原料ですが、ヨーロッパでは、食卓に出てくることもある地中海産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーに近い仲間としても知られています。

 

そして、このケールは、緑黄色野菜のなかでも、王様とも呼ばれるほど栄養価が高く、ビタミンも豊富で、免疫力を高める効果もあることがわかっていますが、なかでも、βカロテンやビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、そして、鉄や、カルシウム、銅、マグネシウム、亜鉛などのミネラルや、ナトリウム、食物繊維や酵素、また、ルティンや葉酸、カリウム、クロロフィル、フラボノイドなどの多くの栄養素がバランスよく豊富に含有していることが大きな特徴です。

 

特に、ルティンという成分では、視力を良好にしたり、白内障やドライアイなどの眼の疾患を予防するほか、抗酸化力が強いこともケールの特徴ですが、ケールに含まれるβカロチンは、トマトの5倍も含まれていて、皮膚や粘膜を正常に形成する役割のビタミンAを作り出すため、摂取することで健康な肌を維持できるようになります。
また、ケールに含まれるビタミンは、みかんの2.5倍、ピーマンの3倍なので、豊富なビタミンから、美肌効果も期待できます。

 

さらに、ケールには食物線維が豊富ですが、同じく食物線維が豊富と言われているキャベツの2倍もの成分を含有しているため、腸内環境を整えるという働きが優れていて、毎日のお通じに悩んでいる人にはおススメな野菜といえます。

 

そして、このようなケールには、血糖値の上昇を防いだり、血糖値を下げたり、また、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病を予防する効果があるほか、冷え性や更年期障害の改善や、睡眠の質の改善、メタボリックの解消、アンチエイジングにも役立ち、さらに、ガンの予防などにも効能を発揮します。